防草マサシリーズ

施工方法

防草マサ墓地用

防草マサハイパー・防草マサスペシャルハイパー・防草マサデラックス
防草マサプレミックス・防草マサスペシャルハード
防草マサスペシャルガード
防草マサ
スペシャル
ガード
施工断面図
防草マサスペシャルガード
Wブロック工法施工手順
防草マサスペシャルガード 施工手順
除草、鋤取り、抜根。
(球根系、地下茎、イネ科、笹、竹、スギナ等は、特に注意して必ず根まで抜きとって下さい。)外柵ハメ石の際は特に注意し、鎌等で深く掘って下さい。(写真参考。) (石塔、物置台、敷石、塔姿立、墓誌、拝石の際も同様です。)(足踏、タコ、ランマー等で転圧でムラのない様に転圧し表面を均一にして下さい。)下地完成。
防草マサスペシャルガードを配袋、開封。敷き均し足踏み転圧。
(ムラのない様に転圧して下さい。)
表面処理。
(トンボ、コテ、板等で均一にして下さい。)
防草マサスペシャルガード 施工手順
表面処理終了後、防草マサシリーズ配袋、開封。(防草マサハイパー、防草マサスペシャルハイパー、防草マサデラックス。)
防草マサシリーズ敷き均し足踏転圧。(ムラのない用に転圧して下さい。)
防草マサスペシャルガード 施工手順
表面仕上げ。(トンボ、コテ、板、ハケ等で均一にして下さい。)
表面仕上げ完成後、散水(水道水)。(必ず霧状〈シャワーノズル等〉でまんべんなく散水し、一度に大量散水はしないで下さい。)
(上記参考標準歩掛り表参照。)
養生…2日〜3日程度養生を行って下さい。
注意事項
  • ご使用の際は、ゴム手袋を着用して下さい。
  • 天然の素材を使用しているため、ロットにより多少の色の違いがあります。
  • ご本製品が目や皮膚等に付着した場合、水で洗い流して下さい。
  • 本製品は食べ物ではありません。誤って飲み込んだ場合は吐き出し、水または牛乳を飲んだ後、ホウ素系鉱物であることを医師に知らせ手当てを受けて下さい。
  • 流出によって草花や芝生、植木等の有用植物に影響(枯れる等)を与える恐れがありますので、使用場所には十分御注意下さい。
  • 有用植物の根が分布していると思われる場所での使用はしないで下さい。
  • 本製品を出来るだけ均一に敷き均しして下さい。均一でないと雑草が繁殖する場合があります。
  • 本製品を敷き均し後、新たに花などを植える場合には発育し難くなる恐れがあります。
  • 敷き均し後、防草マサシリーズが流出したり、減っている場合は抑制効果が十分得られない恐れがあります。
  • 開封後、保存される場合は漏れ出さないように袋を確実に閉じて保管して下さい。
  • 幼児の手の届かないところに保管して下さい。
  • 多湿・水濡れに御注意下さい。

防草マサ造園用

copyright©Matsui bunsyodo Co.,Ltd ALLrights reserved.